• 岩瀬鉄工株式会社
  • 技術
  • 製品
  • 会社情報
  • 採用情報
  • お問い合せ
岩瀬鉄工のあゆみ

岩瀬鉄工株式会社は、平成18年6月をもちまして創業50周年を迎えることができました。これまで弊社が歩んできた歴史を一部ご紹介いたします。

昭和31年6月、先代であります岩瀬伊三が、株式会社オティックス様(旧小田井鉄工株式会社様)より取引を頂き、創業の運びとなりました。平坂町自宅の物置改造、旋盤一台からのスタートでした。

昭和38年、現在の主要取引先であります株式会社ジェイテクト様(旧豊田工機株式会社様)との取引が始まり、幾多の壁にぶつかりながらも、事業は順調に伸び、昭和50年、岩瀬鉄工所から法人化し岩瀬鉄工株式会社となりました。

昭和57年、旧平坂工場の東に工場を増設。世の中はスピード時代と呼ばれる時代に入り、 OA機器パソコンも普及し当社も大きく変動していきました。
昭和58年、初めてNC旋盤を購入して以来、毎年、何台もNC旋盤を導入し、多品種・多品番及び高品質のニーズに対応してきました。
また、この頃よりQCサークル活動を始めました。社内にて年2回のQC発表会を継続し、昭和63年には株式会社ジェイテクト様開催のQCサークル大会に参加できるまでになり、平成4年には金賞を頂きました。

平成に入った頃より、工場の中では、オートローダー、走行ロボットを多く取り入れ、自働化・効率化に力を入れ、ライン形態も随分変わり始めました。
グローバル化と言う言葉が登場し出し、現地調達する時代・ライバルは国外になる、と言われ始め、終身雇用問題及び人材不足もあり、外国人の派遣社員を当社にも入れるようになりました。

平成3年、創立35周年の年に、会社の移転を決意し、平成8年5月、創立満40周年、記念の年に平坂町より現在地に社屋を全面移転しました。
翌年の平成9年には、夜勤勤務を導入し、お客様から、一層信頼される会社に成長でき、平成14年12月年末には、「100人規模の会社が受注する」と言われている熱処理工程のあるドライブシャフトのラインが、株式会社ジェイテクト様から、当社に移管されるまでになりました。移管の立ち上がりに評価を頂き、トヨタ自動車株式会社様(三好工場)の補給品も株式会社ジェイテクト様を通じ受注できました。

平成17年、新しい取引先(ブラザー精密工業株式会社様)も出来、世代交代に伴い社員も新しくなりました。
ハード面・ソフト面、全ての事柄においてお客様から求められるハードルの高さは上昇している中、平成16年4月には、ISO9001を、平成18年4月には、ISO14001も認証取得できました。

平成25年、お客様から組付ラインが移管され、単品部品だけでなくアッセンブリーでの納入も開始しました。
平成26年6月には工場の南側に600㎡の工場を新築し、更なる社内体制の強化に向け、岩瀬鉄工のものづくり、人づくりを一層追求しております。

  • 環境方針
  • 品質方針
  • 岩瀬鉄工のあゆみ